最新のロンドンマーケット情報サイト

ロゴ
問い合わせ

MARKET LIST

LONDON TRAFFIC CONDITION

時に気まぐれなロンドンの交通事情についてご紹介します!!

oyster

週末は特に要注意、ロンドンの交通機関...

traffic condition

マーケットが一番盛り上がるのは、やはり多くの観光客が集まる週末。
しかしそんなマーケットへ向かうべく、ロンドンの交通機関を利用しようとすると、そこには思わぬ罠が...(笑)
というのも週末のロンドン交通機関は、驚くほど頻繁に工事や故障による運行休止が発生し、時にはなんの予告も無く急に... なんてことも。
もちろん、われわれ利用客はそれに従うしか無いのだが、あまりの理不尽さに自分の計画を台無しにされ、その日一日がムダになってしまう...
そうなる前に、ココでは最も利用頻度が高いであろう、ロンドンの地下鉄(TUBE) とバスの交通事情を中心に説明しておこう。

ロンドンの地下鉄(TUBE) について

tube

ロンドン観光において一番利用頻度が高いのが、このロンドンチューブだろう。
どこの国の地下鉄もそうだが、ロンドンの地下鉄には複数の路線があり、特に週末は必ずと言っていいほど、そのどれかが運休する。
そんな状況に遭遇しないように、事前に運行状況の確認が必要だ。そんな時に便利なのが「Transport for London」という交通情報サイト。
ここではロンドンで運営されている様々な交通機関に関する情報が公開されており、その中にロンドン地下鉄の各路線運行状況がリアルタイムでアップされているチャートがある。
これを出発前に確認しておけばまずひと安心だろう。
あと、スマートフォンの使用が可能であれば、「TubeMap」というアプリもおすすめだ。無料でダウンロード可能で、これさえあれば、ロンドン地下鉄の全路線図からリアルタイムの運行状況、更には出発地から目的地までのルートと所要時間の確認、オイスターカードの残高確認などなど、いろんなことが確認できてしまう。是非ロンドン観光時には手に入れておきたいアイテムだ。

ロンドンのバスについて

touch

ロンドンといえば、やっぱり赤い2階建てバス! そのイメージ通り、ロンドンでは至る所で赤いバスが走り回っている。
しかも、このバスがロンドン観光にはとても便利なのだ。
ロンドンバスの使い方はかんたん。

まずバス停の案内図で自分の行き先へ行く「バスの番号」を調べる。ロンドンのバスは、番号でルートが決められており、目当ての番号のバスが止まるバス停でバスを待つ。
その際、注意すべき点は、ロンドンでは「リクエスト・ストップ」というバスがあり、バス停でバスを待っていても手を挙げてバスを止めないと停車してくれない場合があるという事。ほとんどの場合はバス停に人がいれば勝手に停車してくれるのだが、一応頭に入れておこう。

次にバスの運賃だが、現金で支払う場合は、時間帯や距離に関係なく一律2.20ポンドで乗車可能。だが、プリペイド式の「オイスターカード」で支払う場合は券売機でチケットを買う必要もない上、一回の乗車運賃は半額以下になるのでぜひコレをおすすめする。

最後に、なんといっても旅行者に朗報なのが、深夜から夜明けまで運行する「ナイトバス」だ。運行間隔は1時間に1本〜2本と少ないが、コレさえあれば終電後、高いタクシー代を払って自分のホテルまで戻ることだってない、最高のサービスだ。

運行休止時の臨時便について

out of service

冒頭でも触れた通り、ロンドンの鉄道は、しばしば工事やストライキなどで緊急運休になることがある。
その際、運休になった区間を臨時バスで対応している事もあるので、あわてずに駅員などに状況を確認してみよう。
ちなみに、その臨時バスに乗車の際は、電車のチケットさえあれば再度料金を要求される事はないので安心して乗り込もう!

PAGE TOP